周りの環境、生活音などの騒音

駅の近くというのは、コンビニや、スーパー、居酒屋や飲食店など、24時間営業のお店が近くにあることが多いです。加えて、本当に駅の近くとなれば、電車の騒音、駅での雑踏も聞こえてくるでしょう。
通勤通学に非常に便利という利点もありますが、その他の時間、つまり家にいるほとんどの時間を、その環境音の中で生活するということを忘れてはいけません。居酒屋や飲食店が多いと、夜中まで騒いでいる人の声が聞こえてきたり、場合によっては救急車のサイレンがうるさいこともあるでしょう。また、駅や線路に近い物件の場合は、電車の運行が終了しても、夜中に貨物列車などが通過する場合があり、深夜の静けさの中で走行音が響く可能性があります。そして、休日の朝にも電車は運行しているため、その音が気になってゆっくり寝ていられない可能性もあるのです。周りの設備や環境音を考慮し、その生活音の中で暮らすことを念頭において物件を探すといいでしょう。

セキュリティがしっかりしているか

これは特に女性が気にする問題だと思うのですが、意外と見落としがちなところです。駅に近いということは、先に説明したように周りに様々なお店があることが多いと思います。そのため、帰り道は明るいことが多く、加えて人通りが多いため安全な印象ですが、本当にそうでしょうか?
裏を返せば、安全な印象があるため、不審者に気付きづらくなるというデメリットもあります。そして、物件の造りなどの条件によって多少変わりますが、人通りが多いという事は、不特定多数の人に見掛けられる可能性が高く、そこに住んでいると認識されやすくなる場合もあるのです。
居酒屋の近くに住んでいて、帰宅時に酔っぱらいが家まで後を付けて来たという話も聞いたことがあります。万が一の場合でも、セキュリティがしっかりしている物件だったら安心ですよね。